プログラミング教室がテレビで紹介されました | 運営本部|子ども・年長・小学生・中学生のプログラミング教室・スクール

プログラミング教室がテレビで紹介されました | 運営本部|子ども・年長・小学生・中学生のプログラミング教室・スクール

メニュー

STAR Programming SCHOOL

  • facebook

総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業2期連続選定

BLOG

子ども・年長・小学生・中学生のためのプログラミング教室

2019.09.27 / Friday

プログラミング教室がテレビで紹介されました

教室の様子を覗いてみよう

運営本部

ブログトップ
プログラミング教室取材風景

こんにちは、STAR Programming SCHOOL です。

先日、遠鉄百貨店教室が「news every.」の夕方の報道特集内で紹介されました!

プログラミング教室の様子

「思考力や企画力、課題解決力、さらに伝える力など将来を生き抜くための力を養うことが目的。プログラミングはあくまで手段に過ぎない」とのスタッフインタビューもばっちり流していただき、プログラミング教育やこの教室の目的が視聴者の方にも伝わったんではないかと思います!

プログラミング講師のインタビュー

プログラミング教室テレビ放送

特集はこんな内容でした↓


世界中で今 注目されている“Society5.0”時代。
それはサイバー空間と現実空間が合わさり「情報連携による省力化、AIを使った情報活用促進、ロボットや自動運転技術」などが促進される社会です。産業分野として目まぐるしい発展が予想されている一方で、“創造力”で新たなものを作り出せる人材の育成教育も課題となっています。

この流れの一環で、日本でも来年度から小学校でプログラムの授業が必修化されます。
論理的な思考を養うことで“新たな仕組みを生み出す力”を養うのです。学校へのタブレット導入やプログラミングの教員研修も頻繁に行われる中、いったい何が変わるのか、
最新の取り組みを行うプログラミング教室も取材、教育の未来像をわかりやすく紹介。


教育に携わるものだけでなく、未来を担うお子さまを持つ保護者の方々にもとても興味深い内容ですね。
狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会 Society5.0。
イギリスの産業革命から300年余、今こそが新たな社会への変革期なんですね。
(ちなみにSTAR Programming SCHOOLは昨年イギリス進出を果たしました!エンゲルスも草葉の陰でビックリ!😲)

そんな壮大な背景から必要となった教育改革の一環としてスポットが当てられた「プログラミング教育」。実際にどんな授業が行われるのか?ということでSTAR Programming SCHOOL 遠鉄百貨店教室を紹介して頂けることになったのです。

諸都合により、実際のO.A.動画を載せられないのは残念ですが、プログラミング教室ではどんなことをしているのか?うちの子どもにも通わせるべきなのか?知りたい方気になる方は是非体験イベントや授業見学にお越しください。教室の先生が丁寧にご説明差し上げます:)
こんなことが体験できます
お近くの教室はコチラ

今後もSTAR Programming SCHOOLはプログラミング教育の普及に益々寄与して参ります。
■STAR Programming SCHOOL 運営本部■

< 前月へ 2019年10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
このページのトップへ