活動報告

2019.07.08 / Monday

中国成都校と合同発表会!(相模原教室)

活動報告トップ

中国成都校と神奈川県の相模原教室が、7月7日(日)にインターネットを使った合同の作品発表会を開催しました。
中国成都校から6名、相模原教室からは5名のタブレットプログラミングコースの子ども達が参加してくれました。
海外の小学生と、インターネットを使って自分の作品を発表し合うのはみなさん初めての体験でしたが、普段の発表会のとおりに堂々と立派に発表をしてくれました。
始めは緊張しているのか恥ずかしいのか、モニター越しにお互い“フリーズ状態”のときもありましたが、徐々に手を振ったり”変顔”をしたりと打ち解けた様子でした。
時差の関係で、日本が1時間早いという不思議な経験もできました。

このページのトップへ