一人ひとりの子ども達が、それぞれの未来を切り拓くスターへ

ICTツールによるコミュニケーション

これが新しい学びのスタイル

多様な個性の自他を尊重する
少人数の集合レッスン

1クラス4名までのクラス制で、講師がコミュニケーションをこまやかに取りながらフォローします。双方向型の授業で、映像や音声のやり取りもでき、講師もクラスメイトも全員の顔や表情を見ることができるため、安心して学習を進めることができます。

自宅からでもクラスメイトとつながる
ZOOMによる在宅受講

インターネットが接続できる環境であれば授業を受けられます。
自分の画面を講師やクラスの仲間にもリアルタイムで共有することができ、
おうちにいながら、同じ興味・同じ目的をもった仲間と一緒に学ぶことができます。これから多様化していく社会に対応できる力を身につけることができます。

映像+ディスカッションによる
協働学習

必要な知識を習得したあとには、お互いに作りたいものを伝え合い、教え合い、聞き合い、ディスカッションの時間を多くとることで、あらゆる方法を導き出すことができます。
目的や目標を確認しながら学習を進める「過程」を大切にし、一人で学ぶではなく、一緒に学び合う環境により、「お互いを認め合う」「自己肯定感」を高めることができます。

保護者様が気になる?

オンラインレッスンの
不安を解消!

映像教材の視聴だけでいいの?

映像教材による学びは視覚により記憶に残りやすいという観点からも大変有効です。一方で理解につまづいたときも何となくそのまま流してしまいがちです。当スクールでは映像教材も効果的に活用しながら、メインは講師による直接の指導で、お子さま一人ひとりの理解度を確認しながら進めます。

暇つぶしか?学ぶ時間か?

子どもたちには本当に楽しくプログラミングを学んでほしいと考えています。そのために時にはカッコイイまたは可愛らしいキャラクターよるゲーム感覚の学びも必要です。ただそれを「暇だからやる」や「早く次のストーリーに進みたいから(適当に)やる」といった”時間の浪費”になってはいけません。当スクールではプログラミングの学びも「生活のルーティン」として、授業カレンダー方式のレッスンを行っています。

タブレットはレンタルサービスもあります

当スクールではクラスメイトや講師とのコミュニケーションはタブレットを利用して行います。ご家庭の使い慣れたタブレット(またはスマホ)が推奨環境以上でしたら、そちらをそのままご利用いただけます。(一部指定のアプリのインストールをお願いします)またタブレットのレンタルサービス(月額1,100円税込み)もご利用いただけます。

自宅のパソコンやWi-Fi環境の設定もサポートします

オンラインレッスンのための環境の確認は、「オンライン体験」やご入会後の「レッスン前オリエンテーション」で講師により確認をさせていただきます。ご自宅の機器やネットワークトラブルについて解決できない場合はテクニカルサポートをご利用いただけます。

3名以上のクラスで協働学習

当スクールのレッスンは3名以上の集合レッスンです。知識・技能の習得は、専門的にトレーニングを行った講師による直接指導で行いますが、その後の「企画」「制作」「発表」においては、クラスメイト同士で「自分の意見を伝える」「他人の意見を聞く」「考えをまとめる」といったディスカッションを中心とした協働学習で進めます。これによりご自宅での学びも孤立することなく、安心して行っていただけます。

企画書、発表メモなどはあえて手描きで

文部科学省のGIGAスクール構想に代表されるように子どもたちのICTの活用は積極的に推進をすべきと考えています。ただしICT機器を無理やり活用させることで子どもたちの思考の妨げになってはいけません。当スクールでは子どもたちの思考の整理の方法として「企画書」や「発表メモ」の作成をレッスンに取り入れていますが、これはあえてテキストに手描きで行います。子どもたちには「考えるときにはそれに専念」させています。完成した手描きの作品はカメラアプリなどのICTを活用してクラスメイトと共有します。

レッスンの流れ

  1. STEP01

    今月の授業カレンダーを確認

    毎回、同じ曜日・時間でのレッスンとなります。

  2. STEP02

    授業の曜日・時間に
    ZOOMルームに入室

    レッスン開始時刻までクラスメイトや講師と楽しく過ごしましょう。

  3. STEP03

    日直さんあいさつで
    授業開始(90分)

    一例

    • ・技能習得・習得チェック(みんなで)
    • ・企画書作成・企画討論・発表(みんなで)
    • ・プログラミング(ひとりで)
    • ・プログラミング討論・発表(みんなで)
  4. STEP04

    日直さんあいさつで
    授業終了

    定期的に講師から保護者の皆さまへお子様の様子や今日のレッスンの内容をお伝えします。

4つの学びのステップ

  • 01

    Practice

    習得

    映像学習と直接指導の
    良さを組み合わせ
    こどもの「なぜ?」をサポートします。

  • 02

    Planning

    企画

    アイディアを
    どう言葉にするかを整理し、
    企画経験を積み重ねます。

  • 03

    Progress

    制作

    企画書をもとに作品制作。
    失敗も成長につながる環境で
    取り組みます。

  • 04

    Presentation

    発表

    地域・学年を超えた
    クラスメートとの発表と
    共有の時間をもちます。

オンラインレッスンスタイル

- Scratchプログラミングコース -

ビジュアルプログラミング言語「Scratch」とは?

「Scratch(スクラッチ)」は世界中で利用されているビジュアルプログラミング言語です。公開されているScratch作品でみて参考にしたり、自身の作品を公開してコメントをもらうなど、世界共通のコミュニケーションツールとしても利用されています。

Scratchプログラミングコースとは?

オンライン講師の指導やレッスン映像で習得したプログラミングの知識をもとに、オリジナル作品を企画、プログラミングし、オンライン上で発表します。クラスメイトとの交流で、一人では思いつかなかったアイディアも共有でき、さらに高め合うことができます。

オンラインレッスンのご自宅の環境について

ご家庭でご準備いただくもの

  • Wi-Fi等通信環境
  • パソコン(Windows推奨)
  • スピーカー&マイクまたはヘッドセット

スクールからお送りするもの

  • 学習用テキスト
  • タブレット(有料オプション)

映像教材の視聴だけでいいの?

映像教材による学びは視覚により記憶に残りやすいという観点からも大変有効です。一方で理解につまづいたときも何となくそのまま流してしまいがちです。SPSオンラインでは映像教材も効果的に活用しながら、メインは講師による直接の指導で、お子さま一人ひとりの理解度を確認しながら進めます。

暇つぶしか?学ぶ時間か?

子どもたちには本当に楽しくプログラミングを学んでほしいと考えています。そのために時にはカッコイイまたは可愛らしいキャラクターよるゲーム感覚の学びも必要です。ただそれを「暇だからやる」や「早く次のストーリーに進みたいから(適当に)やる」といった”時間の浪費”になってはいけません。SPSオンラインではプログラミングの学びも「生活のルーティン」として、授業カレンダー方式のレッスンを行っています。

ビジュアルプログラミング言語「Scratch」とは?

視覚的にデザインされたブロック型のパーツを、マウス操作などで並べながらプログラミングを行うものを「ビジュアルプログラミング言語」といいます。長文のコード入力は不要で、マウス操作で「命令ブロック」を組み合わせてプログラミングを行い直感的に進められるので多くの子どもたちにも利用されています。
「Scratch(スクラッチ)」は世界中で利用されているビジュアルプログラミング言語です。公開されているScratch作品でみて参考にしたり、自身の作品を公開してコメントをもらうなど、世界共通のコミュニケーションツールとしても利用されています。

「Scratchプログラミングコース」

(一部変更する場合があります)

ご家庭でご準備いただくもの

必ず必要なもの

  • ・パソコン
    推奨性能
     インターネット接続 有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
    ハードウェア
     CPU:デュアルコア2GHz以上(i3/i5/i7またはAMD相当) 以上
     メモリ:4GB 以上
     スピーカーとマイク -内蔵、USBプラグイン、またはワイヤレスBluetooth
     ウェブカメラまたはHDウェブカメラ -内蔵またはUSBプラグイン
     ※事前に動作をご確認ください。
    OS
     Windows 10、Windows 8または8.1
     MacOSについてはご相談ください
     インターネットブラウザー(以下のいずれか。原則として最新版をご使用ください)
     Chrome(63以上)/Microsoft Edge(15以上)/Firefox(57以上)
     Safari(11以上)
  • ・タブレットまたはスマホ
  • ・筆記用具

アプリケーションのインストール

  • ・パソコン ZOOM、Scratchが利用できるブラウザー
  • ・タブレット ZOOM、Send Anywhere(カメラアプリ)

あると学びやすいもの

  • ・ヘッドセット(スピーカーとマイク)
  • ・お子様の手のサイズにあった小さめのマウス

スクールからお送りするもの

テキスト(代金は授業料に含まれています)

授業の進行に合わせてテキストをお送りします。

  • ①入会時:ScratchⅠテキスト 
  • ②以降、20回(半年)を目途に順次お送りします
    ScratchⅡテキスト
    ScratchⅢテキスト
    ScratchⅣテキスト

タブレット(有償レンタルご希望の場合)

設定済み。すぐにご利用いただけます。
(レンタル期間中にアプリの更新などをお願いする場合があります)

ご家庭でご準備いただくもの
スクールからお送りするもの
オンラインレッスンのご自宅の環境について

お子様が学びやすいように、パソコン、タブレットを配置してください。
テキストを開いて、書き込みができるスペースをご準備ください。
タブレットは毎回の授業までに十分な充電をお願いします。

コース概要

授業時間 授業回数 月謝 その他費用
90分 週1回(全80回)
6ヵ月間で20回の
授業カレンダーに基づきます。
受講料 12,100円(税込)
月会費 2,200円(税込)
学習用テキスト代金は
受講料に含まれています。
入会金 6,600円(税込)
授業時間 90分
授業回数 週1回(全80回)
6ヵ月間で20回の
授業カレンダーに基づきます。
月謝 受講料 12,100円(税込)
月会費 2,200円(税込)
学習用テキスト代金は
受講料に含まれています。
その他費用 入会金 6,600円(税込)

授業にプラス!
楽しく学べるコンテンツ

『スタプレ』の特徴

  • 授業映像が視聴できる
  • マウス操作やタイピングの練習ができる
  • 同じスクールに通う子たちの作品を見ることができる

…など、お子さまにとってプラスになるコンテンツがいっぱい!

充実の保護者用ページもご用意!

  • お子さまの学習状況が確認できる
  • 学習や子育てに役立つコラムが読める
  • 宿泊、グルメ、レジャー、エンターテインメイントなど、国内外20万ヶ所以上で 割引などの優待が受けられる「クラブオフ」サービスが使える

…など、家族みんなで使えるコンテンツがいっぱい!

オンライン無料体験会へのステップ

オンライン無料体験会のお申込みの前に、ご自宅のオンライン環境をご確認ください。

【必要な環境】
・インターネットに接続できるパソコン
・ZOOMアプリがインストールされている
・インターネットブラウザとして「Google Chrome」がインストールされている(Scratch体験レッスンで使用します)
・Webカメラ、マイク、スピーカーが利用可能
  1. 下の「オンライン無料体験会のお申込みへ」をクリックし、お申込みフォームに必要事項をご入力ください。
    体験会は保護者様とご一緒のご参加をお願いします
    体験会予約システムについて
    本サイトの体験会予約システムはヘイ株式会社が提供するサービスを利用しています。(このサービスの利用規約につきましてはこちらをご確認ください。)
    表示されるカレンダーから参加されたい体験日、体験時間を選択してください。
    ※システム上、複数日の選択が可能ですが、ご希望日時を一つだけ選択してください。
    ※複数選択された場合は後日担当より連絡の上、調整をさせていただきます。
    予約完了時に表示される「アカウントの登録」は、行っていただく必要はありません。
  2. 体験会お申込み受付後に、確認メールが届きます。
    確認メールが届かない場合は正しく予約が完了されていない可能性があります。お手数ですが改めてお申し込みをいただくか、お問い合わせください。
    メールにて「ZOOMミーティングID」をお知らせしています。体験会当日の時間になりましたらZOOMミーティングにご参加ください。ZOOMミーティングへの参加は、体験会開始日時の10分前から可能となります。
  3. 「事前アンケートフォーム」に入力をお願いします。
    ご自宅でのパソコンやネットワーク環境、また入会をご希望する場合に受講を希望される曜日や時間帯などを確認させていただいております。確認メールに「体験会事前アンケート」のURLをお知らせしています。
    体験お申込み日より2日以内に入力をお願いいたします。
  4. 体験会終了後に、ご入会を検討される場合は保護者様へ入会手続きについて説明をさせていただきます。

STAR Programming SCHOOLで

身につく4つのチカラ

身につく4つのチカラ

自分で設定した目標を
実現するチカラが身につきます。

乗り越えるチカラ

壁にぶつかっても困難を
乗り越えるチカラが身につきます。

共創するチカラ

自他を尊重し
共創するチカラが身につきます。

伝えるチカラ

自分の想いや考えを
伝えるチカラが身につきます。

STAR Programming SCHOOLオンラインが

選ばれる理由

プログラミングスキルを身につけながら「算数・数学」に強くなる
カリキュラム

レッスン映像の視聴と練習課題を積み重ねていくことで、プログラミングの基本的な概念はもちろん、算数・数学の学習単元に何度も繰り返し触れるので、自然と理系科目に強くなります。

授業
コマ
レッスン
内容
テーマ プログラミング
的概念
学習単元
(算数・数学)
履修学年
1 プログラムを作る Scratchの基本操作 ・順次
・繰り返し
・乗法、時間、小数
・単位量あたりの大きさ
小3
小5
2 いろいろな動きを実行 ・音、角度
・ランダムな動き
・画面効果
乱数 ・角度
・正負の数
・確率
・百分率
小3
中1
中2
小5
3 おはなしを作る ・メッセージの使い方 ・初期化、並列処理 ・座標 中1
4
5 課題制作 ・メッセージ      
6 障害物ゲーム ・キー操作、当たり判定
・ペイントエディター
・条件分岐
・リセット処理
・起こりうる場合
・多角形
・拡大、縮小
・作図の方法
・平行移動、対称移動、回転移動
小6
小5
小6
中1
中1
7
 

小学校の授業で行われるプログラミングの授業例

プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく場合(算数 第5学年)

多角形を正しく書くためのプログラム例

ジュニアプログラミング検定 準拠教材合格占有率、全国No.1!

ジュニアプログラミング検定 準拠教材だからカリキュラムが検定対策授業に!2018年の合格者を輩出!全国の合格者のうち21%をSTAR Programming SCHOOL生が占有しました。

No.1
point2

ジュニアプログラミング検定 準拠教材だからカリキュラムが検定対策授業に!2018年の合格者を輩出!全国の合格者のうち21%をSTAR Programming SCHOOL生が占有しました。

No.1
point2
子どもに取ってもらいたい資格やスキル

ジュニアプログラミング検定とは

日本初のScratchを活用したプログラミングスキルを測定しその能力を証明・認定する資格試験です。また、私立中学校を中心にプログラミング入試を導入する学校が現れ、同検定合格者に対して優遇措置を行っている学校が増加しています。

  • 「自分のアイディアを表現できるか?」を評価
  • 楽しみながらチャレンジできる試験内容
  • Gold,Silver,Bronze,Entryの4級種
  • 合格した方には、認定証を授与

ジュニアプログラミング検定Gold級に最年少合格!!

お母さんの勧めでプログラミングを習い始めて1年半になりますが、自分でもだいぶ上手くプログラミング出来るようになってきたので検定に挑戦したいと思いました。 小学4年生の時にジュニア・プログラミング検定のGold級に合格して、当時最年少合格だったことにびっくりしました。(工藤嵩士くん)

工藤嵩士くん

一人ひとりの個性に合った指導をキッズメンタルコーチ研修

定期的に「キッズ・メンタルコーチ研修」を実施しており、一般財団法人教育研修コーチング協会よりその認定を頂いています。研修では活発なディスカッションを交えながら、子どもたちの心理・行動、一人ひとりの個性に合わせた指導について考え、学びます。

キッズメンタルコーチ認定
point3

定期的に「キッズ・メンタルコーチ研修」を実施しており、一般財団法人教育研修コーチング協会よりその認定を頂いています。研修では活発なディスカッションを交えながら、子どもたちの心理・行動、一人ひとりの個性に合わせた指導について考え、学びます。

キッズメンタルコーチ認定
point3
子供達の気持ちに寄り添う

子どものやる気を育てる対応力

子どもたちはさまざまな能力を持っています。子どもたちに関わる大人には「個々が持つ能力を発揮して未来を生きぬく子どもを育てる」使命があるのです。そのためにはどのように関われば良いかを研修しています。 言うことを聞かせて子どもをコントロールするのではなく、成長段階や個性に配慮して、子どもの心理や行動から一人ひとりに合わせた対応を心がけたコーチングスキルを学び実践に活かす。 その経験を積み重ねた講師が「子どものやる気を育てる対応力の高い講師」となるのです。

小林富貴子さん
(財)教育研修コーチング
協会理事長
小林富貴子さん
  • チャイルドラインにいがた代表
  • 産業カウンセラー
  • 企業研修講師
  • 子育て支援セミナー講師
  • ルー・タイス認定講師(国際コーチ協会)
  • マイケル・ボルダッグ認定コーチ
    (スピードチェンジコーチ)
  • 魔法の質問認定講師
  • TCカラーセラピスト 他多数

タイピング、情報モラルなど子ども向けICT教育を提供

子どもたちがネットワーク社会で生きていく上で必要なITリテラシーや情報モラル、マナーを考えるオリジナル教材を開発。合わせて、将来必要となるタイピングもアルファベットの習得から学べます。

  • アルファベット学習
    アルファベット学習
  • 正確なタッチタイピング
    正確なタッチタイピング
  • パソコン操作の基本
    パソコン操作の基本
  • プレゼンテーション
    プレゼンテーション
  • スマホの利用マナー
    スマホの
    利用マナー
  • SNSのルールとマナー
    SNSのルールとマナー
  • インターネット検索
    インターネット検索
  • ネット詐欺
    ネット詐欺
  • 個人情報の流出
    個人情報の流出
  • 違法ダウンロード
    違法
    ダウンロード
ホームポジションをマスター!
キーボード
オリジナルテキスト
オリジナルテキスト

運営母体はパソコン教室

パソコン市民講座は2002年開校、全国100教室、54万人以上の卒業生を輩出。受講生のペースで学べる個別映像授業スタイルで小学生〜シニアまで幅広い世代に1,000講座を提供しています。 2018年に小学生向けアルファベットから学べる本格的なタイピング講座を開発し、ICT教材を充実させています。受講生数8,500名、オンライン会員サービス「プレミア倶楽部」会員数12,500名。

パソコン市民講座

STAR Programming SCHOOL

信頼と実績

総務省

STAR Programming SCHOOLは、総務省が推進する「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に2期連続で選定されました。

総務省

キッザニア

こどもの職業・社会体験施設「キッザニア甲子園」でプログラミング体験ができる「プログラミングスクール」を実施しました。

キッザニア

STAR Programming SCHOOL 作品発表会SPSアワードin東京大学

「SPSアワード」は、1年間の学習の成果を大きな会場でプレゼンレーションする晴れ舞台。子ども達にとって、とても貴重な経験です。

SPSアワード

学習書の執筆・監修

プログラミング教育の啓蒙活動の一環として、プログラミング学習書の執筆・監修を行っています。

学習書

STAR Programing SCHOOL 作品発表会

SPSアワード in東京大学

総勢約700人が来場、仲間と一緒に1年間の学習成果をプレゼン!

2019年3月31日(日)に、東京大学の伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールで、「SPSアワード2019」が開催されました。
「SPSアワード」は、1年間の学習の成果を大きな会場でプレゼンレーションする晴れ舞台です。3年目となる今年は約200人が登場し、オーディエンスは約500人となりました。毎回教室で練習を積み重ねていますが、この大舞台でのプレゼンはドキドキ、ワクワク!子ども達にとって、とても貴重な経験です。

SPSアワード2019 in 東京大学

オンライン以外にも選べる

通学型での学習スタイル

通学型集合学習

8名のクラス制で2名上の講師が手厚く子ども達の成長をフォローします。クラス制で学習することにより、お互いにライバル心も生まれたり、受講生同士の横のつながりが出来て、受講生同士で教え合うことで成長できます。
プログラミングスキルアップとともに良い人間関係を構築し、教室終了後も受講生同士、保護者同士のコミュニティが継続できます。

通学型個別学習

時間を自分のライフスタイルに合わせて、自分のペースで学べるため、理解できるまでじっくりと学習できます。学習計画は講師とカウンセリングをして目標を明確にします。復習や自分の学習したいところもピンポイント学習が出来ますので、スキルをしっかりと定着させていきます。

話題のプログラミング教室をのぞいてみよう

Blogs

オンラインコース受講料金

入会金 6,600円(税込)
月会費 2,200円(税込)
Scratchプログラミングコース
(オンライン)
受講料
(月謝)
12,100円(税込)
テキスト代金・テキスト送料込み
受講時間 90分
授業回数 全80回
6ヵ月間で20回の
授業カレンダーに基づきます。
家族割 全員入学金無料
  • ※ジュニア・プログラミング検定受験時には、別途受験料が必要です。
  • ※補講には、規定があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • ※ScratchはScratch財団がMITメディアラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により開発しているプロジェクトです。https://scratch.mit.eduで無料で利用することができます。

特定商取引法に基づく表記

特定商取引法に基づく表記 株式会社チアリー
販売責任者 和田浩一
本社所在地 〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町2-3-9 JPS本町ビルディング2F
電話番号 06-6264-3811
講座提供価格 こちらに記載しております。消費税は内税として表示しております。
講座提供価格以外の必要料金 インターネット接続には別途、ご契約の通信事業者への通信料が発生します。
講座開始時期 ご入会日の翌月から当該月の授業カレンダーに基づき講座を開始します。
講座代金の支払い時期および方法 こちらに記載しております。
商品引渡し後の返品・解約について サービスの特性上、返品は原則お受け出来ません。
ただし、初回のご契約時に限り、講座料金のお支払いから7日以内に当社に電子メールにて解約の申し出をいただいた場合には講座料金を全額返金いたします。利用期間の途中で退会を希望する場合は、退会希望月の前月最終日までに利用規約で定める方法により、解約の申請をしてください。解約の申請をいただかない場合、自動的に継続されます。
受講不能時の対応 サーバトラブル、ネットワークトラブルその他不可抗力により生じたサービス・講座の提供不能、中断等については、当該回は欠席扱いとし、補講対応いたします。
レッスン利用規約 こちらをご確認ください。
Scratchプログラミングコース(オンライン)
推奨学年 小学校3年生以上(未満はご相談)
授業時間/1回
授業回数
90分
全80回
6ヵ月間で20回の授業カレンダーに基づきます。
講座料金① 入会金 6,600円 (税込)
講座料金② 月会費 2,200円 (税込)
  • ● スタプレ会員サイト利用
  • ● クラブオフ利用
  • ● オンラインPCサポートサービス
講座料金③ 月額受講料 12,100円 (税込)
テキスト代金・テキスト送料込み
期間 2年間
欠席時の対応(補講) 次回の授業までに当該授業の収録映像を視聴いただき、指定課題を作成していただきます。
質問は別途回答します。
レッスンでご用意いただく
パソコンの推奨環境
  • 【システム要件】
    インターネット接続 有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
  • 【ハードウェア】
    CPU:デュアルコア2GHz以上(i3/i5/i7またはAMD相当) 以上
    メモリ:4GB 以上
    スピーカーとマイク -内蔵、USBプラグイン、またはワイヤレスBluetooth
    ウェブカメラまたはHDウェブカメラ -内蔵またはUSBプラグイン
    ※事前に動作をご確認ください。
  • 【OS】
    Windows 10、Windows 8または8.1
    MacOSについてはご相談ください
  • 【インターネットブラウザー】(以下のいずれか。原則として最新版をご使用ください)
    Chrome(63以上)/Microsoft Edge(15以上)/Firefox(57以上)
    Safari(11以上)
入会方法 ウェブサイトからのお手続き
退会方法 退会申し出:月末日まで
退会日:翌月末日
タブレットレンタル 1,100円 (税込)ご希望者のみ
タブレットレンタル利用規約 タブレットレンタル利用規約をご確認ください。
このページのトップへ