講師インタビュー

2022.09.28

室町先生

プロフィール
室町先生

インタビュー

プログラミングの楽しさを多くの子どもたちに知ってもらいたい

自分自身も小学生の頃からプログラミングに触れていたので、プログラミングの楽しさを多くの子どもたちに知ってもらいたいと言う思いで講師をしています。

子どもたちがワクワクしながら新しいことを自ら進んで学んでいる時にはとても嬉しく感じます。
また、子どもたちがスタープログラミングスクールに入ったばかりの時にはうまくできなかったことが、すんなりできるようになったときに1番やりがいを感じています。
頑張って企画書から実装まで行っていた子が、発表会の時に満足げに発表していた時や、発表が苦手な子が頑張って発表して、保護者の方がとても喜んでくれた時にはこちらも楽しくなります。


たくさん失敗も経験し、自分の力にしてもらいたい

スタープログラミングスクールでは、子どもたちが自分で考え、乗り越えることを重要視していることもあり、私自身も答えを教えすぎないようにすることを大切にしています。
プログラミングはただ授業を聞くだけではなく、自分で悩み、手を動かさなければなかなか身につきません。
そのため、授業スケジュールや子どもたちのモチベーション等についても考慮しながらではありますが、なるべく自分で考えるように指導しています。

また、プログラミング以外にも、企画や発表、グループワークについても大切にしています。
スタープログラミングスクールでは、発表会は保護者の方も見に来られる為、毎週授業参観のような状況であり、プレゼンの練習をするには非常に良い環境であると考えています。
大人になると「失敗する」ことはなかなかできないので、発表会等を通じて、たくさん失敗も経験してもらい、場数を踏んでもらいたいと考えています。

講師インタビューへ戻る
このページのトップへ