BLOG

子ども・年長・小学生・中学生のためのプログラミング教室

2022.08.02 / Tuesday

思考力を鍛えるには?-プログラミング教室で身に付くスキル

みんなの作品を紹介!

マルイファミリー溝口教室

ブログトップ
プログラミング教室で思考力を養おう

こんにちは!溝口駅のプログラミング教室、マルイファミリー溝口教室です。
先日春コースの発表会が行われ、初めての発表会だったキッズプログラミングコースの子供たちも
お父さんお母さんの前で少し緊張しながらも頑張って作った作品の発表ができました。

スクラッチコースに通っている子供たちは回数を重ねるたびにアピールの仕方も上手に、司会や初めの言葉、終わりの言葉と役割分担もそれぞれ自分の言葉で少しずつ言えるようになってきて、まさにこの発表会では子供の成長が見られる絶好の機会となっております。

今回は子供たちが発表会に向けての作品作りで欠かせない「設計書」の実例を紹介させていただきます。

まずは、どんなものを作りたいのか考えて、それを実際ノートに書きだし、登場人物や背景などを具体化していきます。

そして作品の顔となる「タイトル」を決めます。タイトルは自分以外の人がどういう作品なのか一番最初に印象づけるものなのでここはしっかりと考えて決めます。


キャラクター、タイトルと決められたら実際のゲーム背景、ゲームの流れを具体的に書きだします。

設計書が書き終わったらプログラムを組むのですが、そう簡単には完成はしません…(T_T)
ただここで試行錯誤しながら作り直す作業こそがプログラミングを習う一番大事なところで、設計書通りに完成した時の感動は言うまでもありません\(^o^)/

完成したプログラムがこちらです。

発表会で実際見学された保護者の方からの感想です。

発表作品を見て保護者の方から「よくできていたね!」「すごいね!頑張ったね」と感想を聞いて子供たちはまた次もみんなに喜んでもらえる作品を作りたい!とモチベーションをあげて今も頑張っています!また発表会では他の子の作品を見て、自分では思いつかないアイデアなども知ることができいい刺激になっているのも集合クラスの良いところです(*^^)v

この設計書をもとに自分で考えたプログラム作成、そして自分の作品をアピールする場として発表会を繰り返すことで、これからの子供たちが必要とするチカラ、「実現するチカラ」「乗り越えるチカラ」「共創するチカラ」「伝えるチカラ」を身に付けていきます。

集合クラスの募集は年に春と秋の2回、ただいま10月スタート生を募集中です。
そして集合クラス体験イベントが下記の日程で行います。
8月10日(水)17:00~18:00
8月20日(土)14:30~15:30

ご興味のある方はぜひ溝口教室(Tel:044-299-8301)までお問い合わせください(^o^)/

■スタープログラミングスクール マルイファミリー溝口教室■

※感染予防対策と皆さまへのご協力のお願い

< 前月へ 2022年11月  
S M T W T F S
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

教室ごとに見る

このページのトップへ