小学生・中学生向けプログラミング教室|STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)

すべての小学生・中学生のためのプログラミングスクール

メニュー

STAR Programming SCHOOL

  • facebook

BLOG

笑顔になれるプログラミングスクールをのぞいてみよう

2017.08.07 / Monday

scratch作品のぷち発表会でした

教室の様子を覗いてみよう

大泉教室

ブログトップ
oizumi1

練馬大根で有名な?!練馬区にあるスタープログラミングスクール大泉学園教室日曜のscratchコースから教室の様子をお届けします。

scratchコースでは授業の一環でゲームの内容から作成まで自分で取り掛かった作品を発表する機会があります。

scratchコースのクラスはスタンダードとアドバンス1と分かれているのですが、大泉学園日曜では混合クラスでして、今回はスタンダードクラスの発表会にアドバンスの生徒にも参加してもらい作品を発表してくれました。

 

オリジナル作品に取り掛かると、作っている時に「できた!」とか「違った!こうだ」とか「あ・・・動かなくなっちゃった」などなど、現状を呟きながら作業する子も多いです。

今回もいろいろな発言が聞こえる中、完成したり、しなかったりありましたが発表会を迎えました。

作品が完成すればもちろんベストですが、時間は限られていますので完成まであとちょっと!ということもあります。でも、限られた時間の中でがんばったということもとても大事ですから、完成できなかったらダメということでもないのです。

効率よい作り方やどのブロックをつかえばよいか?の気づき、またアイデアのひらめきは経験を重ねることで、どんどん身についていきますので、次回には今日のできなかったなと思ったことを取り組んでいけたらいいですね。そこのところは、私たちもしっかりフォローしていきますよ。

 

なにはともあれ、発表会!それぞれ作品を発表して感想をいいあったりしました。

oizumi2

 

 

 

 

 

 

そして一番盛り上がったのはアドバンスの子の迷路ゲーム。作品の内容がたのしかったのはもちろんですが、なんと30分くらいで作ってしまったという話にスタンダードの子どもたちもびっくりしていましたよ。

oizumi3

 

 

 

 

 

 

教室でプログラミングを学ぶ良いところは、こんなところにも見受けられます。コースや年齢や好きなことが違う子たちが集まることで、いい刺激がお互いにもらえたりするのですね。

実はアドバンスコースの2名がお休みでしたので、機会をつくってほかのアドバンスの生徒の最新作を皆に見てもらいたいなとも思っています。ただ、お休みといっても振替制度を利用すれば大泉学園の場合は火曜日の枠でも授業を進めることができますので、火曜日の子供たちには見てもらえるかなと思います。

わいわい言いながら今回もぷち発表会が終了しました。また次の作品に取り組んでいきましょうね。

このページのトップへ